定款作成サポート - 電子定款・電子署名 -

電子定款とは、従前の「紙」で作成した定款に代わって、電子文書(パソコンのワープロソフトで作成された文書をPDF化したもの)で作成するものです。電子定款にすることで、定款に貼付する収入印紙4万円が不要になるというメリットがあります。
電子定款の印紙税4万円不要というのは一見魅力ですが、電子定款を作成するには、PDF作成ソフト、電子証明書など10万円相当の費用をかけなければなりません。
ご自身で会社設立手続をするつもりの方は、電子定款作成を依頼することで、4万円の収入印紙代と作成に要する時間を節約できます。


サポート内容

定款記載事項決定時のアドバイス
株式会社電子定款作成
合同会社電子定款作成
一般社団法人電子定款作成
(紙ベース定款でも印紙4万円は不要)
公証人役場への嘱託手続代行
(株式・一般社団のみ)
紙ベースの定款作成も承ります
(株式・合同は印紙4万円必要)
電子定款作成サポートは定款作成のみのサポートです。



電子定款作成サポートご依頼のお客様にご用意いただくもの

電子定款作成に必要なもので、お客様にご用意いただくものは以下のとおりです。

発起人又は社員となる方の印鑑証明書各1通

※ 印鑑証明書は発行後3ヶ月以内のものが必要です。
※ 株式会社の場合、公証人の認証手数料(50,000)がかかります。
※ 一般社団法人の定款は、紙ベースで作成しても印紙4万円は不要です。
※ 合同会社の場合、公証人の認証は不要です。
※ 紙ベースの定款の場合は、4万円の収入印紙を貼付する必要があります。
※ NPO法人設立の場合は、定款作成のみのサポートは行っておりません。